不妊予防

隅田川のある風景

東京の住みやすさは、ほかの地方と比べれば一目瞭然です。
ただ東京と言っても地域が広いですので、個々での範囲は都心部に限ったものとします。
まず、人間関係が希薄なことです。
これは何を意味するかと言えば、町内会などの面倒な行事に出なくてもいいということで、自分のペースで生活ができます。
一見寂しい感じがしますが、できるだけ自分や自分の家族のために時間を使いたいという人にとっては好条件なのです。
人間関係が希薄になった理由はいろいろありますが、やはり都心部に限って言えば地方出身が多いというのがその主な理由でしょう。
もうひとつは交通の便です。
東京に住むと車はいらないと言われますが、これは公共機関の交通の便がとても良いから、つまりそれだけ住みやすさにもつながっているということです。

この住みやすさを別の視点から見ると、そこには安全と安心があるといいうことです。
いくら近所付き合いがなくて楽でも、いくら交通の便が良くても、周りに犯罪者が多かったり災害が多ければ成立しません。
犯罪については、今後東京でオリンピックが開かれることを考えても安全の確保によってそこにいる人たちが安心して過ごせるように警察は対策を考えているようです。
これから6年後、そしてさらにその先の将来に向けてさらにその考え方は重要視されるでしょう。
災害についても同様です。
かつての東京でも水害や地震による被害が大きかったことを考えても、例えば洪水が来た時に地下鉄では防水用の扉が設置されるなど積極的に対策が練られています。
これらの対策がやがて東京の住みやすさという点で評価されるのです。