医者

進行しているなら抗うつ剤を試してみよう|症状が介抱する

うつ病を治療するための薬

女の人

正しい服用知識を得ることが大切

抗うつ剤という言葉を耳にしたことがある人は多くなっており、うつ病などの精神疾患を発症した方が治療のために服用している薬になります。抗うつ剤は精神科や心療内科で精神疾患と認められると処方してもらうことができる薬になり、主にうつ病や強迫性障害、睡眠障害を患っている方に処方されます。抗うつ剤を服用することで精神の安定を図ることができるため、うつや強迫性障害の症状から一時的に解放され、睡眠もしっかりととることができるようになるでしょう。また、抗うつ剤にも様々な種類が存在します。主に処方されている抗うつ剤はSSRIやSNRI、NaSSAという種類の抗うつ剤があり、副作用が少ないと言われています。その他にも三環系抗うつ薬や四環系抗うつ薬などもあり、症状に応じて処方される薬です。抗うつ剤の副作用としては眠気や体重増加、便秘や口の渇きなどが挙げられます。そのため、車などを運転する前に抗うつ剤を服用するのは止めましょう。副作用は毎回出るわけではなく、抗うつ剤の治療を続けることで慣れて副作用が出にくくなってくるため、最初はつらいかも知れませんが根気強く服用を続けていくことが大切です。また、中には抗うつ剤を服用している方が妊娠するということもあるでしょう。妊娠時に抗うつ剤を服用すると胎児に影響を及ぼす薬もありますが、特に問題ない薬もあります。ですから、抗うつ剤を服用している方で妊娠が発覚した場合は早急にかかりつけの精神科や心療内科で医師に妊娠している旨を伝え、服用している薬が安全か確認しておくことが大切です。問題がないものとわかればそのまま服用し、影響を及ぼすのであれば薬を変更してもらうと良いです。妊娠だけではなく、産後も同様のことが言えます。授乳期間中は授乳によって胎児に影響を及ぼすことがあるので気を付けるようにしましょう。長きに渡って抗うつ剤を服用している場合、急に服用をやめると離脱症候群を引き起こし、めまいやふるえ、発汗や不眠といった症状が現れます。胎児にも同じようなことが起こり、産後や断乳時に胎児が離脱症候群を起こすこともあるので知っておくと良いでしょう。抗うつ剤は少し危険な薬だと思われがちですが、正しく服用していれば問題はありません。精神疾患を治していくためにもとても大切な役割となっているため、医師の指示に従って服用していくことが大切だと言えるでしょう。抗うつ剤の服用を続けていくことで症状が改善されていきますが、寛解と診断されるまではしっかりと用法用量守って服用を続けていく必要があります。勝手な判断で抗うつ剤の服用を止めてしまうと離脱症候群を引き起こす他、再発するリスクが高まってしまうので注意しなければなりません。再発を繰り返すことで治療がより長引いてしまうので、必ず医師の確認の元対応していくようにしましょう。