医者

進行しているなら抗うつ剤を試してみよう|症状が介抱する

薬の処方に良い病院探し

病院

病院探しで重要なポイント

うつ病の疑いがある場合、できるだけ早い段階で病院に行くことが大切です。うつ病は初期であればあるほど、抗うつ剤の処方で劇的に良くなるケースが多いからです。ですが病院ならどこでもいいというわけではありません。うつ病が疑われる際にまず選択候補として考えたいのが、精神科または心療内科です。一般的には心療内科の方が気軽に通えるイメージですが、実はこの両者、現在ではほとんど違いがありません。「精神科」の看板を出すと入りにくいと感じる患者もいるため、通いやすいイメージのある「心療内科」を看板に掲げている場合もあるためです。抗うつ剤を始めとする投薬治療が必要なら、どちらでも処方してもらえるので心配はいりません。うつ病の診察を希望する場合は、やはりうつ病の治療について評価の高い病院を探すことが第一です。うつ病治療の評価の高い病院を探すためには、いったいどこに注目したら良いか、それは患者の口コミ情報です。最近はインターネットの発展により、ネットを調べれば知りたい情報がすぐに見つかるようになりました。それは病院の口コミ情報も同様です。口コミを見れば、その病院の様子、医師やスタッフの対応、病気の予後などが一目瞭然。中にはどのような抗うつ剤を処方されたかを書いてくれていることもあります。ただし、人によって相性はあるので、口コミはあくまでも参考程度に見るようにしてください。精神科・心療内科はほとんどの場合、初診予約が必要です。再診の予約が必要か否かは、病院によって違います。初診予約は電話が主ですが、最近はネットから可能な病院もあります。仕事のある人や、うつ症状が重くて受付時間内に電話ができない人には大変便利なので、ネットから初診予約が可能な病院は検討候補のひとつに入れておくと良いでしょう。電話をかける場合は、電話に出たスタッフの対応も要チェックポイントです。明るくはきはきとした対応の取れる病院なら合格です。いよいよ目星をつけて初診予約をした貴方、ここからもまだ病院を選ぶ際に見るポイントは隠されています。受付の対応、医師・看護師の態度、院内環境などなどは特に注目してください。清潔感のない病院やスタッフの態度が横柄だったり事務的だったりする病院はやめておいた方が無難です。医師の診察を受けて、抗うつ剤の処方がされた場合、処方された抗うつ剤の量もチェックしてください。最初からいきなり複数の薬を処方する医師は、次から次へと増薬して最後は薬漬けになってしまうリスク大です。薬についてはくれぐれも、慎重な処方をする医師の在籍する病院を選ぶようにしてください。