医者

進行しているなら抗うつ剤を試してみよう|症状が介抱する

安全に治療をするために

ナース

副作用の対処法を知ろう

抗うつ剤は主に神経に働きかける薬です。神経は脳にだけあるのではありません。体のあらゆる場所に神経は存在します。そのため抗うつ剤の副作用は身体全体に及ぶため、非常に多岐にわたります。薬を飲む前に自己防衛としてどのような副作用を引き起こすのか、そしてどう予防すればいいのかについては理解しておきましょう。抗うつ剤は精神を安定させる作用があります。つまり服用することによって過剰に興奮したりしなくなるというわけです。そのため抗うつ剤を服用することによって性欲が減退したり、男性であれば勃起や射精が出来ない、女性であれば感度が低下してオーガズムに達しないといった性的行動全般の障害があらわれることがあります。全ての抗うつ剤にこのような症状が出るわけではありませんが、とある種類の薬には比較的この副作用が出やすいと言われています。手っ取り早い対処法としては精力剤などの服用が思いつきますが、薬の副作用に薬で対抗するのはあまり良い方法とは言えません。特に心臓の疾患を抱えている人は安易に清涼剤を服用すると重篤な副作用を起こすことがあるので控えましょう。また、抗うつ剤は常識では考えられないほどの不安を日常生活で感じる人にも処方されるのですが、抗うつ剤を服用することで逆に不安感が増長される場合もあります。この副作用はまだ薬に身体が適応していない飲み始めから数週間の間に起こることが多いです。不安が強くなる場合は別の抗うつ剤を併用して服用することによって改善されることもあります。また、逆に興奮状態になることもあり、興奮作用は特に未成年者が薬を服用した場合に出ることが多いようです。どちらかといえば興奮状態になる方が危険で、興奮状態になると自殺願望を増幅させることもあります。これらの症状は1か月程度薬を服用し続ければおさまりますが、1か月経過しても症状が改善されない場合は明らかに薬が身体に合っていないので医師に相談し、別の種類の薬に変えてもらいましょう。抗うつ剤の大きな目的は神経伝達物質であるセロトニンの補充ですが、セロトニンは脳にではなく、大部分は胃腸に存在します。ですから薬を服用することによって胃腸が影響を受け、消化器官系の副作用が出る場合も多いです。感じることが多い自覚的な症状としては腹痛や吐き気、下痢です。これら消化器官系の副作用も飲み始めてからすぐに特にあらわれることが多く、場合によっては数週間続くこともあります。対処法としては他の副作用と同様に薄梨乃量を少なめにするのが一般的です。そして薬はなるべく食後に服用してください。