女の人

進行しているなら抗うつ剤を試してみよう|症状が介抱する

メンズ

薬には5つの種類がある

抗うつ剤には開発された順番に第1世代から第5世代まであります。一番古くからあるのが第1世代で、一番新しいのが第5世代です。うつ病の治療は休養がとても大切です。そして、心理教育や支持的精神精神療法や薬物療法、認知行動療法を行います。

More...

抗うつ剤服用の注意点

医者

うつ病サプリ

うつ病でお悩みなら抗うつ剤を利用することが症状改善への近道ですよ。服用方法や副作用のことをしっかりと覚えておきましょう。

医師と相談して服用しよう

うつには、人それぞれ症状の現れ方も程度も違います。抗うつ剤を服用するには、精神科や心療内科で専門家の診断を受けることが必須です。医師にきちんと自分に合った薬を処方してもらうには、まず自分がしっかり自分の状況を伝えるようにしましょう。セルフチェック表を見せたり、緊張するようなら心配なことや不安なことなど伝えたいことをメモにしておくこともできます。家族や親しい友人に付き添ってもらい客観的に見て気づいたことを伝えてもらうこともできます。医師は、診察時に聞いた内容や、話す時のあなたの表情などから患者さんに必要な薬を選んでいきます。抗うつ剤にはたくさんの種類があり、患者さんの症状や体質に合うかどうか効果を確かめながら決めていきます。抗うつ剤の効果は、風邪薬や頭痛薬などのように服用してすぐに目に見えて効果が現れるというような薬ではありません。人によって違いますが、薬の効果が現れるには大体1週間から1ヶ月くらいはかかると言われています。もし患者さんに合わなければ種類を変えてまた様子をみます。効果が現れないからといって勝手に量を変えたり飲むのを中断するのは危険です。症状が悪化したり治療期間が長くなったりする可能性があります。医師の指示通りに飲むことが重要です。また服用後一定期間が過ぎると回復期に入り今まで悩んでいた症状が消えたように思えることがあります。しかしそこで服用を止めると、薬の効果でバランスが取れるようになっているだけでまだ自力では無理なので再発のリスクが高まります。薬を飲まなくても良い生活に憧れるのは自然のことですが、焦らず医師の指示通りにし、ゆとりを持って回復していけるようになりましょう。抗うつ剤の役割は、バランスを崩してしまった脳内環境のバランスを正常に戻すということです。具体的には脳内の神経伝達物質が減少してつらい症状を引き起こしているので、この神経伝達物質を抗うつ剤によって増やすことで症状を改善していけます。不安や落ち込みを強くしてしますセロトニンの減少、意欲や気力の低下につながるノルアドレナリンの減少また興味や楽しみの減退を引き起こすドーパミンの減少があり、患者さんに当てはまる症状に有効な薬が処方されます。薬の効能と副作用の関係で、一つの抗うつ剤の中にすべての症状に有効な成分が入っているというわけではありません。セロトニンに効いてノルアドレナリンには作用しないもの、ノルアドレナリンに効いてセロトニンに効かないもの、両方に作用するが効力が弱めのもの、どちらにも強力に効くが副作用も強めであるものなど様々なので医師とよく相談し服用していきましょう。

病院

薬の処方に良い病院探し

もしかしてうつ病かも。そんな時、どのように病院を探せば良いでしょうか。自身の症状に適切な抗うつ剤を処方してくれるクリニックを選び出すには、いったいどのような基準で判断すれば良いのでしょうか。

More...

女の人

うつ病を治療するための薬

抗うつ剤はうつ病や睡眠障害、強迫性障害などの治療に用いられる薬になっており、用法用量守って服用することで副作用を抑えることができます。また、女性で服用中に妊娠が発覚した際は医師に服用しても問題ないか確認をとることが大切です。

More...

ナース

安全に治療をするために

心の病気を発症した時にほとんどのケースで処方されるのが抗うつ剤です。昔と比べると格段に安全になったとはいえ、まだまだ副作用が出やすい薬ではあります。副作用については自分でも調べておきましょう。

More...